次は、畑で叩いたイ草の苗を一株15〜20本に株分けします
だいたい一株茎数150本〜200本なので一株から10〜15ぐらいの苗が出来ます
我が家は、この作業(イ苗割)専門に頼むため隣町の鏡町までトラックで運搬

今年は、八人で株分けされてるようで・・

株分け作業














一日に一反(10a)分植付できる苗が出来ます

ココのおばちゃんたち元気が良くパワフルで・・
平均年齢70歳前後だと思いますがまだまだ現役
辛く地道な作業ですが着々とこなしていかれます

このような作業をしてる人は殆ど高齢者
10年後おばちゃんたちがこのようにイ苗割り(株分け作業)れてるか心配な一面もあります

そういう理由も有り本田での植え付けに関して移植機を導入したのも理由の一つです


最近は、イ草移植機で11・12月植え付ける為今の時期にしか会いませんがおばちゃんの第一声は決まってこうです

まず『アンちゃん』の掛け声から始まります

もう38歳になるのですが・・今だに・・

年は、離れませんからねぇ〜仕方ないと言えばそれまでですけど・・

そして、次に聞かれる事が・・

『お父さんは、元気かい?』です

私のおぼえてる限り過去3年ぐらい質問のパターンが同じような・・
まあ〜それは、それとして挨拶だと思い毎年同じように答えてます

『元気にしてますよ』と、ね

年回りで株が張りすぎたりして割りにくいときなどズバット指摘が来ます
まさに遠慮なし

(黙って割りなさい)と、言いたい時も有りますが我慢我慢

『来年は、良い苗作りまぁ〜す』と、ゴマ摺って愛想善くニコニコ

腹の中では、ムカついてますが・・

そんな感じで冗談など言いながらおばちゃんたちともお付き合いしてます

イ苗














こんな感じにイ草の苗を株分けされます

八月苗(全体)
竹で作ったざる

地元では、しょけと言いますが・・(直径50cmぐらい)

これに一杯になると根の辺りをワラ紐で縛り苗一つ出来上がりです


苗が出来たら今度は、植付です

出来た苗を長さ25cm位に切ります
そして、地道な植え付けの始まりです

本田は、機械で植えつけますが八月苗は、手植えで行ってます

理由は、・・
八月苗は、生育期間が短い為に植え付け後の活着が勝敗を決めます
やっぱ手植えに勝るものは、ありません

本来、本田も手植えの方が良いのですが・・・

イ苗割り経費・雇用労働(植える人、割るひと)の減少化等を考え機械で植えつけています

本田の場合移植機で植えても生育期間が長い為に肥培管理でカバーする事が出来るのでよほどの事がない限り手植えとさほど変わらない様に育ちます

テクニックは、必要ですけどね
それなりに・・

イ草の植え付け














こちらが植えつけ作業風景です

日中は、まだまだ猛暑なので早朝と夕方の涼しくなってからから植え付け作業を行ってます

腰が痛〜い重労働です




by  ヒデピョ〜ン。。




本日のご訪問誠に有難うございます
ヒデピョ〜ン。。が贈るグローバルな世界
やすらいで下さい!
そして、お帰りの際には、ワンクリックお願いしまぁ〜す
人気ブログランキングに御協力を・・・
m(_ _)m
リンクタグ

人気blogランキングへ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!