やすらぐ和の心

次世代を創造できる創造力、独創性のある不屈のリーダーをめざして・・・・ The power of dream. Pleasant by hidepyoon..  

熊銘会

熊銘会京都畳店研修(感謝お礼)

この度、熊銘会京都畳店研修を御受けいただき有り難うございました。
今回の畳店研修は、私にとっても初めての試みであり経験でした。
そのため全てが新鮮に感じ、今でもその様子が映像として脳裏に焼き付いております。

今回の畳店研修の大義たる目的は、何でも良いから畳店さんを感じることでした。
私は御指名いただき、始めは緊張した気持ちで不安もありましたが、結果的にとても丁寧に色んな貴重な品を紹介そして詳しく説明していただき感謝しております。
また、大将の人情味・心意気を感じる事が出来た事、感無量の思いです。
再び京都へ訪れた際には、是非ご挨拶に参りたいと思いますので、その際は宜しく御願い致します。

大将の畳職人たる仕事に対する拘りそして心意気は、い草を栽培し畳表を製織している私達にも相通じる精神だと実感しました。
お客様へ自信を持って製品を提供するためには、その課程で手を抜いてはいけない。
まさに畳表生産者にも同じ事が言えると思います。
歴史を誇りに思い、それを受け継ぎ語り育む大将の心。
現在のイグサの産地熊本は、歴史的にも浅く多くを語れませんが、今私共が探求している栽培製織技術、この知識を後世に受け継いでいかなければいけない使命感を強く感じました。
これは、今回の研修で学んだ事であり実感したことです。
そういう意味でも東奥畳店さんで研修させていただきました事に対し、心から感謝しております。

また、色んな貴重な縁、また文化財的な丹波裏なども拝見させていただき有り難うございました。
今では私にとって、京都の畳店を紹介する際の宝となっております。
歴史がある事の素晴らしさ。
本当に羨ましい限りです。

今回の研修で学んだ事は、今後地域の皆さんにも紹介して行こうと思っております。
職種は違いますが畳に関しては同業種です。
私共が畳店さんに産地の状況を語って欲しいように、私は東奥畳店さんから勉強させてもらいました内容を、畳店の情報として紹介して行くつもりです。
お互いが共栄し、理想の時代が来ることを祈願し、今後も家業に励み精進して行きたいと思います。
本当にお世話になりました。

末尾に、ご家族の皆様方そして東奥畳店の益々のご盛況ご多幸を祈願し、この度の受け入れに対し重ねて御礼申し上げます。
前本君と加藤君にも宜しくお伝えください。
ヾ(=^▽^=)ノ

熊銘会京都畳店研修(匠の珍品)

さてさて皆さん
これは何でしょう!?
( ̄ー ̄)ニヤリッ


ワン

ツー

スリー


皮縁

ここで分かった人は昭和以前に生まれた方か業界の人
もしくは、お金持ち!

昭和以前に生まれた方は、私のblogは見ないと思いますので後者のどちらかです!
間違ってもニシキヘビでは有りませんよ(笑

Σ(゚д゚;)オット!
重大なヒントを言ってしまった

それではアップでお見せします^^


ハイこれドン!

皮縁(アップ)

良ぉ〜く見て下さい!!
(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


何せ私、sな物で・・
じらすのが大好きなのですが・・(笑
この辺で答えをお教えします
勿論、私も始めてみましたよ

実は、皮縁です
『水牛の皮縁』

本来は表面は黒色だったそうです
しかし使用され、色がはがれてこの様な模様に・・

感触はまさに皮そのもの
堅くて丈夫です
昔は皮縁(我が家専用縁)を何回も使い回して使用されていたそ所もあったそうです
多分お金持ち・・

まさに今も販売されているか分かりませんがレアものです!
(_´Д`) アイーン

この縁は畳屋さん泣かせの縁だったそうで・・
堅くて扱い辛い
そして、何よりも皮だけに一度使えば針穴が空きます
再度張り替えに使う際には、またその同じ穴を通して畳を縫わなければ行けないリスクがあり
まさに職人技の見せ所だったのか否か分かりませんが、縫いに腕のいる縁だったそうです

水牛の皮縁
文化財的な匠の珍品
お見せいただきありがとうございました
m(__)m

長い歴史のある京都
何でも鑑定団に出せる掘り出し物が多い町
職人さんの心意気そして・・

『良い仕事してますねぇ〜』


つづく・・

熊銘会京都畳店研修(匠の品)

匠の技と歴史に触れながらの今回の研修
新たな知識を収集でき本当に満足
私の体験したい内容にビンゴでした^^)v
大変お世話になりました

一息つきながらお茶を飲みながらの雑談
畳表の質問を受けながら話は進み・・
初めは怖そうな印象だった大将(マジです)もいつの間にか良き先生と感じるようになり、更に色んな事を教えていただきました

その一つが・・

麻縁です!
そして現物まで見せていただきましたぁ〜


麻縁

オオーw(*゚o゚*)w
本高宮縁!

ここで本高宮縁についてチョット説明^^

内産地の野洲、上州と信州の芋麻および大麻を手先で細かく裂いて撚をかけ足踏機で手織りした小幅織物である。
これを昔通りの植物の正藍染にして90日以上寝かして乾燥させてから使用する。
経糸を紡積麻糸にし緯糸を手紡糸で織ったものを高宮縁という。
由来は滋賀県高宮村が原産地であった為、今日の名称に繋がる
(金井畳店さんホームページ縁説明引用)


これ一反で約16畳の畳縁分だそうです
4等分に裂いて使用されるとか
そしてそのお値段は、・・

買値で10万円だそうです
(゚ロ゚;)エェッ!!!

買値がそのお値段だから・・
これを使用するといくらの張り替え価格になるのか・・!?

流石に聞けませんでした^^;
とにかく最高級品の縁と言う事です

生地の感触
光沢と色彩は今でも忘れる事が出来ません
本当にこんな貴重な縁を見せていただき本当にありがとうございました
m(__)m

是非、この縁を使われる際には我が家の畳表を・・(営業)
(笑


つづく・・

熊銘会京都畳店研修(匠の技)

東奥畳店には、二人の職人さんが居らっさいました
私よりも可成り年下でしたので、もしかしたら研修生だったかもしれません
(私の見当違いでしたらすいません^^;)

二人とも優秀な職人さんで、店先には畳技術競技会で優勝した優勝旗が・・
前本康宏さんと加藤和幸さんです
素晴らしい!
w(゚o゚)w オオー!

優勝旗


双方ともてきぱきと作業をこなされていた様子が今でも印象的です
改めて東奥畳店の大将の指導、そして職人としての技術の高さを感じた瞬間でありました

私は、畳屋さんの仕事内容に対しては全くの無知^^;
その為、寸法取りの様子を見せていただく事に・・

寸法取り

床の表面のムラ直しは当たり前の事です
そして敷き込みの寸法に合わせて框の板を微調整
そして板を縫いつけ
板の縫い目の数で畳のランクが違う事も教わりました
昔は、畳の側面の微調整にネジ藁を使って四つ割り付けにされていたそうです
今回その説明に使う写真を取り忘れていました
残念です(><)

手際の良い作業に準じての説明
ほぉ〜なるほど!
('▽'*)ニパッ♪
仕事ではありますが職人技を感じましたよ

そして・・

ココで一つ、私に疑問が!Σヾ( ̄0 ̄;ノ
それは、・・

框の板を動かし微調整
縁際の寸法も微調整
それで良く他の家の和室に他の家屋で使用されていた床が再利用できるな!?
そこで大将にクエッション
^^

大将曰く・・
『従来の京都の家屋は、6畳の和室と言えば他の家屋の間取りと比べてもほとんど狂いがない』
『それだけ昔の大工職人は腕が良かった』
との答えが返ってきました

京都職人の職人たるレベルの高さ
改めて匠の技に圧巻
凄い!
w(゚o゚)w オオー!


『畳を縫いつけるのは最後の仕事』
『それまでの手間を怠らず手を抜かない事』
大将が言われたこの言葉が今でも心に残ります

仕事に対しポリシーを持ち、作業に対しても手を抜かない拘り
私は、イグサ栽培農家そして畳表製織職人として相通じる思いを感じました


つづく・・

熊銘会京都畳店研修(歴史)

運ばれてきた一枚の畳
見た目にも歴史を感じます

古畳

この畳は、家を取り壊す際に引き取られてきた畳だそうで、茶室間に敷かれていたそうです
それから10年
この床を使うチャンスがなく、今回畳の張り替えにつかわれるそうだとか・・
聞いたところに寄ると昭和3年につくられた床だそうです

ほぉぉぉ〜
素晴らしい
良い物は受け継がれ今日に利用される
まさにエコですね^^

無論、手縫いの丹波裏

手縫い丹波裏

こちらがアップ

手縫い丹波裏(アップ)

昔は、暇な時期に床造りも畳屋さんが成されていたとか・・
畳職人たるその手仕事の技術の高さと歴史
素晴らしい

そして張り替えに使われるため表をはがしたところ・・

新聞紙

ムラ直しに使用されていたのか新聞紙が敷かれていました
それをよく見てみると・・

マジですか!!!
Σ('◇'*)エェッ!?

昭和3年の朝日新聞です

昭和3年

これでこの畳の歴史が立証されました!
まさに床の歳は86才と言う事になります

『昔の藁は今の藁と比べて品質が良かった』
『だから今でも使える』
と言われた大将の言葉が印象的に残っています

良い物を大事にする心と歴史
京都畳職人の拘りへの奥深さを感じた瞬間でした


つづく・・

熊銘会京都畳店研修(匠の心)

丹波裏1

歴史を感じる、初めて見た畳床がそこにはありました
よく見たところ、イグサを織った物が床の裏側に縫いつけてあります

丹波裏2

そこで訪ねたところ・・

昔、丹波地方でイグサが栽培されており、そのイグサを裏側に使った最高級の藁床です!
『丹波裏』と言いこれは機械縫いです
との事でした

昔は日本全国にイグサが栽培されていたとは知ってましたが、まさか床材として利用されているとは知りませんでした
まさにサプライズな発見です

そして職人さん達が作業を進めていきます
長く使用された古い床だけに表面が凸凹した状態になっています
そこでそれを修復する作業です
『むら直し』

ムラ直し

『イグサの端切れ』や『もろ目』をそいだ物を使って縫い合わせ表面の凸凹を直していきます

私はこの時、良い物は古い物でも良い、大事に再利用し修復しながら使用する心
京都畳職人の神髄を感じました


つづく・・

熊銘会京都畳店研修

今回、私が研修先となった畳店
それは、千本通りに面した東奥(あちおく)畳店です!^^
畳店に付くまでも色んなドラマがありました

移動はバスを使用
目的地のバス停、千本通今出川を目指すまでも大阪から観光に着ておられていたおばちゃん二人組とお喋り
やはり大阪の人情かもしれませんが、ノリが良く会話が弾む^^
初めてお逢いしたとは思えない会話のテンポの良さでした^^;

『どこから来たん』から始まり
今回の目的そして職業まで聞かれてしまいました^^;
まさに誘導尋問です^^;
でも・・
良い思い出となりました
最後に『また逢いましょう』と言って別れましたが・・・
多分二度と会う事はないでしょう(笑
さようならヾ(=^▽^=)ノ

目的地の今出川に到着
バスを降り、はてはて!?
どちらに行ったらよいのかチンプンカンプンです???
(゚ロ゚;)エェッ!?
そこで困った時はまず電話と思い東奥畳店さんへ連絡
現在地を説明し、言われた事が・・・

『上って下さい』
(゚ロ゚;)エェッ!????

上れと言われてもどちらに上ればいいのか!
山はないし、ビルにも登れない
地図を見ても現在地が分からない
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

まぁ〜とにかく歩こう
(^_^)ニコニコ
と思い適当に・・
結果的には、逆方向に歩いてました^^;

そこで救世主の登場
ジャンジャジャァ〜ン
スマイルの可愛い、40年前は美人だっただろうと思われる見知らぬおばちゃんです

乗って来たバスに同乗されておられたそうで、私と大阪のおばちゃんとの会話を聞いておられ、密かに私と同じ方向だ!
( ̄ー ̄)ニヤリッ
と思われていたそうです

したがって、手を繋いで目的地まで連れて行っていただきましたぁ〜
手は繋いでいません(失敬^^;)
その際はありがとうございました
m(__)m
御陰で迷子にならずに済みました^^;

畳店に付くまでに、暫しの40年前の京美人とデート
自己紹介から始まり・・・
京都の人情味に触れた瞬間でもありました(感動)
今思えば今回はおばちゃんに助けられた研修だったかもしれません

序章は、人情味のあるおばちゃんとの出会い!
だったように思います
親切な叔母様方お世話になりましたぁ〜
('▽'*)ニパッ♪

何だかんだ有りながら、ようやく目的地の東奥畳店へ到着^^
そこで目に飛び込んできた物は、・・・



丹波裏1


つづく・・

京都畳店丁稚奉公に行ってきます

明日から熊銘会研修旅行に行ってきます^^
今年の行き先は、京都であります

参加人数は、16名
京都の畳店13軒に別れ、各自わずかな時間ではありますが、畳店を感じに行ってきます

仕事内容は違いますが流通的に同業種であります
その為、私たちが産地の苦労を語るばかりではなく、畳店側の苦労も知らなければいけないとの思いから企画をいたしました
今回参加いただいてる皆さんに、何でも良いから感じられる物が有れば、本研修を行った大義に関する収穫だと思います

明日6時半、新八代駅集合
どんな畳店さんとの出会いがあるか!
一期一会を思い、期待に胸が膨らんでおります^^

研修での出来事は、携帯からのアップでお送りしたいと思っておりますのでお楽しみに・・

では、16名の肥後の侍
丁稚奉公に行って参りまぁ〜す
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

熊銘会畳店産地受け入れ研修会

先日6日、熊銘会で畳店産地受け入れ地研修会を行いました
今回来熊され、自宅研修を体験されたのは、千葉県畳業組合連合会柏支部の皆さんです^^

参加畳店さんは、20名
そして今回、自宅受け入れ研修を引き受けてくれた農家は10軒です
盟友の皆さん本当にありがとうございました
m(__)m

畳店さんを2人一組に班分けし、今回の研修会がスタートしました
研修内容は、大まかに『選別作業』『手加湿作業』『製織作業』『仕上げ作業』に分類
農家さんのオリジナルのカリキュラムを交えながら各農家のカラーを感じて貰えたかと思います


我が家に訪問されたのは、・・

石崎さんと下久保さん

石崎畳店の石崎さん
そして、下久保畳店の下久保さんです

研修時間も6時間程度と短い為、早々研修開始です

先ずは選別作業から・・
選別作業は、抜き寸をどの長さに分類するかによって製織する畳表の品質が変わる事を伝え、畳表の品質を左右する重要な作業である事を説明しながら作業に取り掛かっていただきました
その成果、い草を折らないように慎重に作業をされていた事を思い出します
お二人とも真剣に取り組んでいただきとても感謝しています
まずは、ファーストハートの伝授です^^

そしてお次は、畳表の製織作業
い草の加湿の状態、天候湿度を考慮しながら手加湿を加える事を伝え、織機に乗せるまでの行程を一つずつ学んでいただきました
い草の剣先を苦労しながら選っておられた事がとても印象に残っています

私たちはこの様な細かい作業を毎日行っています
製織作業は地道な作業である事を今回ご理解いただき、畳表に対する拘りや思いが伝わりましたなら幸いに思います
これでセカンドハート伝授です^^

そしてお次は仕上げ作業
一通りの仕上げ技術を披露し、研修用に準備していた畳表で仕上げ体験をしていただきました
仕上げデモンストレーション対し感心されておれましたが・・
私はプロですから
^^
失敗して畳表を傷つけても良い事を伝え、真剣に仕上げ作業をマスターしようと頑張っておられた様が印象的です

仕上げ研修
こちらは、石崎さんの真剣な仕上げ作業の様子です
サードハート伝授です^^

私は、今回お二人の産地研修に対する心構えに感銘いたしました
今回の研修では、ほんの一部分しかお伝えできませんでしたが、再度来熊される機会が有られましたならば次回は、違ったカリキュラムを用意して心を伝えたいと思っています
その際は、お気軽に我が家にお立ち寄り下さい^^


3時までの研修会を終え、場所を新大阪屋に移し、5時から畳屋さんとの意見交換会を行いました
質問事項は予め頂いていましたので、その流れに沿って進めていきましたが、予定していた進行内容とは少しずれました^^;
私的には、畳店さんと受け入れ農家、お互い意見質問の飛び交う内容にしたかったのですが・・
今回の反省点です
再度来熊され、再びこの様な機会がある時は、大いに盛り上がる意見交換会にしたいと思っておりますので今後も宜しく御願いいたしますね^^;

その後の懇親会は、畳店さん全員とお話しでき大変嬉しく思っています
またお逢いしたいです^^
皆さん、本当にお疲れ様でした


追伸
石崎さん・下久保さんお土産送りますのでお楽しみにしておいて下さい^^

新年あけましておめでとうございます

多忙な日常
気持ちとは裏腹に時は進んでいく
そして今日新年を迎えた

皆々様方
『新年あけましておめでとうございます』
『今年も宜しく御願いします』
m(__)m

まずは、12月の7日からい草の植え付けを始めた為、その後更新が滞っていた事お詫び申し上げます^^;
い草の植え付け時の色んな出来事、またバタバタ劇に関しては今後アップしていこうと思っておりますのでご期待下さい^^

さて、今日は新たな年を迎えての新年一発目であります
したがって、敷物新聞新年特集号に掲載した熊銘会新年の挨拶記事を掲載し、2010年の初春の挨拶に代えさせていただきます
今年も『やすらぐ和の心』を宜しく御願いしますね^^



『業界の発展を願い共存共栄できる環境を目指す』

新年あけましておめでとうございます。
初春を迎え、ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
旧年中は熊銘会に対しましてひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、昨年は景気低迷によるデフレ、更に政権交代に伴った経営環境の急変など、政治経済に関して激動変革の年でした。
まさに良くも悪くも『チェンジ』と言う言葉を象徴した一年だったように思います。
また、社会環境の変化に便乗した住宅着工率の低下は、それを取り巻く社会全体に深刻な影響を与えました。
私達もこのまま畳表生産農家で生きていけるのか!
その事を強く感じた一年でした。
産地存続にかかわる生産農家の減少が現実問題と化している今日。
新政権には早めの景気回復への救済案を望みます。

 熊銘会は今期も活発に活動しています。
従来の取り組み(耐摩耗試験・残留農薬分析・フェードメーターによる退色試験)は元より、畳の日に準じた産地のPR、それ以外にも消費拡大を願った啓発活動を年2回行い産地の活性化に努めています。
嬉しいことに、イベントも一般の方々に定着し、イグサの束配布の際に嬉しい意見をいただけるようになりました。
今後もこの様な活動は前向きに取り組んでいきたいと思っています。

 更に今期は研修の一環として、日々変化するする消費者ニーズに対応できる農家を目指すため、流通に関して産地問屋さんとの意見交換会を行いました。
ご存じの通り畳表は流通が有っての産物です。
畳表生産農家が750軒余りと減少した現在。
今後の目標を明確にする事で時代の流れに順応し、更に一産業として精進したいとの願いを込めています。
色んな意見を聞く中で、昨年から始まった新産地表示QRコードに対して、消費地側も興味有る取り組みである事だと改めて実感することが出来ました。
今の時代、商品に対して安心安全性を伝えることは生産者の義務だと感じています。
したがって、この様な産地の貢献的な取り組みに対し、畳表生産農家全体が取り組むべきだと思っています。
熊銘会はQRコードを推進します。
今後は、生産流通お互いが協力し合うことで、産地は一つという意識を高め、業界発展を願って一丸となることが更に必要だと感じます。

 畳屋さんの産地受け入れも熊銘会で力を入れている事業の一つです。
生産現場を知ることで、畳表に関する意識が変わります。
実際体験されることが何事にも勝る産地情報となり、そこからこれまでとは違った新たな感情から生まれ、その思いが営業を通じて消費者に波及し、新たな消費拡大に貢献できると感じています。
したがって、受け入れ側としても純粋な心で対応していくつもりです。
生産者の畳表に対する拘りや願いを研修という形で伝え、その結果お互いが共存共栄できる環境を目指す。
この様な業界発展を創造した受け入れを前向きに行っていこうと思っています。
今後ますます産地へ来熊されることを希望します。

 熊銘会は産地存続そして日本の文化畳表を継承するために、今後も益々活発に活動していく予定です。
その重要課題の一つとして、未来の産地の繁栄を想像した後継者育成は、今後更に大きな課題となってくるでしょう。
その事を肝に免じ、文化を後世に受け継ぎ邁進します。

 終わりに、皆様方の新年に幸多きことを願い、益々の御発展と御盛況を祈願し新年の挨拶と代えさていただきます。
本年も熊銘会を宜しく御願い致します。
御挨拶
welcomeタグ

(^^)訪問者の皆様へ

心やすらぐ和の空間
我が家
わが国の代表的な建築様式に和風建築があります。
伝統文化そして、匠の技がなせる日本風土に合った素晴らしい建物です。
その中に和室があります。
昔から日本人は、畳の上で喜び怒り哀しみ楽しみながら生活してきました。つまり畳と共に生きてきたわけです。
この様に、畳のある空間の成せるやすらぐ心
これがBlogのタイトル『やすらぐ和の心』の意味するところであります!
ヒデピョ〜ン。。便り
(^^)閲覧の皆様へ

2月に入り、ようやく冬の氷河期から抜け出しそうな天候になりそうです
それにしても今年の1月は寒かったぁ~
(><)

イグサも冬眠状態が続いています
そろそろ目覚めさせないとスタートに間に合わないかも・・

昨年の反省を踏まえて、管理に情熱!情熱!!注ぎます

勝負は既に始まっております
^^
Back Number
Recent Comments
我が家の土づくり
コンバイン


    詳しくは、こちら
熊本県知事認定
緑肥作物
転作ミレット

     転作ミレット
イグサの選別
イグサの選別

    イグサ選別作業
我が家の畳表
クラブチーム紹介
エスペランサタグ

エスペランサ熊本
長男が所属していたサッカークラブチームです!
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
応援お願いします!
(^∀^) いらっしゃいませぇ〜

ヒデピョ〜ン。。WORLDへ

熊本イグサ産地のを全国ネットに公表する為、日々頑張っております!

私の今後の取組として・・・
環境・安心・安全 

地草構想
我が家のパンフレット
我が家のイグサそして畳表

パンフレットも現在12枚のバリエーションとなっております!
(2010/02/02)
ご希望の方は、メールにてお気軽にご一報下さい^^
       
入り口
ヒデピョ〜ンRoom
 メール


お気軽にお問い合わせ下さい!

(^^)/~ 
人気Blogランキング
人気投票です!
ご協力御願いします

blogタグ(大)

FC2−タグ

日記タグ

にほんブログ村 美術ブログへ

無料ですのでご安心下さい(^^)/
我が家の取引問屋紹介
産地の王道
肥後物産株式会社

人情味のある真心こもった肥後畳表卸問
備後畳表企業組合 熊本支店

イチジョウマン・tatami-shop.net
株式会社 永瀬商店

国産表・四川表・柄表他 グローバルな品揃い
有限会社 森田喜商店

JAブランド ひのさらさ・ひのさくら・ひのさやか
JAやつしろ

品質と信頼 国産表一筋
廣野商店

畳は床材とのコラボレーション
『わら美人』
岡部商事 株式会社 

老舗の志を受け継ぐ
TNコーポレーション
イグサ新品種
ひのはるか親子   
   興味のある方は、こちらへ
   『新品種ひのはるか
市場・経済・株式
経済を知ることは、世界を知ることから始まる!

NIKKEI NET
(日経ネット)

Fuji Hutures MARKET NEWS
(商品先物)

日経平均株価

イグサ畑苗
我が家のイグサ刈り
我が家の居候
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ