やすらぐ和の心

次世代を創造できる創造力、独創性のある不屈のリーダーをめざして・・・・ The power of dream. Pleasant by hidepyoon..  

志を受け継ぐ

心が素直になった瞬間

私の中で父の存在は、絶対的なものだった
消えて無くなると言う様な実感もなく想像すら出来ない
でも・・
その状況に直面した時私は、始めて危機感を感じた
今まで当たり前のように反応があったことが突然なくなる
いつかはこの様な事態が来ることを想像していたがいざその曲面に遭遇すると悲しさと虚しさを感じた

私は、日常生活の中で父が究極に衰えていく様を毎日一緒に暮らしていく中で感じていた
人間死が近くなると生気というオーラのパワーが衰えてくる
親子というものは、不思議なもので空気のように意識していない関係だがその生気を無意識のうちに感じているように思う
私は、小さい頃から父の目を気にしながら育った
だからそれを感じる感覚は、本能に植えつけられておりどうやら人一倍強いようだ
そして、父の状態が急変した時初めて感じた
人間には、避けて通れない終わりがある事を・・・

私の記憶の中に弱虫、臆病などと言った父の思いでは、ない
親ながら弱い一面を子どもに見せたくない強がりの性格がそうさせていたのかもしれない
今、ベッドに横たわり生死をさ迷っている
人間の命は、永遠ではない
始まりが有れば終わりがいつかは訪れる命ある者の宿命を感じた

今までの私は、父と距離感を持って接していた
それは、小さい頃からの生活習慣で出来上がったことだった
今、自分自身が逆の立場になり私は、3人の子どもを持つ親である
私の息子が自分のような感情を持ち接しているならばどんな風に感じるか考える
過ぎた時間は、取り戻すことは出来ないが、その事を思えば今後接することの出来る貴重な時間を大事にしていきたいと思っている
私もいつかは、覚悟しなければいけない時が必ず来る
必ず・・・
生命そして、存在そのものが消え去り心の中に空間が出来る信じたくない状況
父の死
いつ訪れるかは、神のみぞ知ることだが、その時は『今までありがとう』と、素直な気持ちで送り出してやりたいと思っている
出来れば意識あるなかで言葉として伝えることが出来れば何ゆえない本望と思うのだが・・・

今まで私は、38年間生きてきて死というものをあまり実感したことがなかった
そういう意味では、冷酷な人間性だったのかもしれな
でも今、生命の存在を理解し素直に気持ちを表現することが出来る自分を不思議に感じる
私も少しは、人間らしく為ったのかもしれない



by  ヒデピョ〜ン。。


本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
お帰りの際に下のタグを1つだけでも(出来れば全部)ポイポイット クリックして頂けると嬉しいなぁ^^;

blogタグ(大)FC2−タグ日記タグ

振り返って気が付く・・

最近、『志を受け継ぐ』シリーズで父の事を改めて思い返し感じたことがある
それは、まんざら悪い父では、なかったことだ
記憶と言うものは、感化される
悪い記憶と言うものは、抹消され良い記憶だけが思い出として残る
人間と言うものは、本当に良くできた動物だと思う

人間を作った宇宙人に感謝!?
ちょっと次元が飛んでしまったが『宇宙人が人間を作った』と言う見解もあるのも事実だ
どちらにせよ今この世に存在していることに喜びを感じる

私も父親と同じ立場に為り感じることがある
子ども達に対して家庭内の教育に叱り私生活面においても叱り煩悩(ぼんのう)が存在する
子ども達は、その事に多分気づいては、いないだろう
肉親が故に反発する
皆さんも経験がお有りかと思いますが・・
私もそうでしたので^^;

我が子に対して厳しい言動また対応が有ったにしてもそれは、わが子を思うが為の行為だ
今問題に為っている子どもへの家庭内暴力は、この際例外とするが我が子というのは、最愛の肉親自分の分身である
人間として立派に公正してもらいたい思いは、誰よりも強いものだ
ただ人間性格も十人十色である
その為に愛情の表現が違ってくることは、皆さんもお分かりだろうと思う
思い返してみると我が家の父は、純粋が故に表現法がストレート悪く言えば自分本意だが自分の意志を伝える行為が下手だった様に思う
改めて最近、感じたことである

今の父には、以前のような言動や傲慢な所は、全く存在しない
全く別人に為ってしまった
その事に少し淋しさを覚えている
日常当たり前だったことが突然変化した時人間は、その存在の意味を再認識しそして、淋しさを感じる
私も今その様な感情にとらわれているのだと思う
振り返って思い返しもう少し父に素直な気持ちで接していけば良かったなと今思うのである

過去は、清算できない!
だからこそこれからの接し方を改めて考えて行きたいと思っている
まずは、・・
『長生きして欲しい』それが一番の気持ちである




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

父の振り見て我が振り正す

私の場合一番近くの君子は、父親だったそして、以前も言ったが仲が悪かった
その事を今に為って改めて考えてみると似たもの同士が互いに自分の意見を言い合っていたからだと思う

『カエルの子は、カエル』昔の人は、上手く言ったものだ

私の父は、頑固一徹
自分の考えが全てであり間違いは、ない!と、思っている掴みどころのない人物だ
しかし、今思えば私もそのDNAを少なからず受け継いでいることは、言うまでもない

親子ですから・・^^;

私は、いつの日からか分からないが父親を自分を照らす鏡のように感じるようになっていた
父親の行動言動は、自分にも存在すると・・
そして、父の事をいつの日か冷静に見るようになった

私が家業を継ぐようになって暫らくしてからの出来事だ
その頃の我が家は、畳表品質重視ではなく生産重視
自ずと返品表も多かった
その頃父親は、主に仕上げ作業がメイン
毎日10本以上も御座ができて来れば仕上げ作業も雑になるのは仕方ない事だと思うが全く人のアドバイスを聞かない耳に念仏である

私は、御座市等で問屋さんと話す機会もあり我が家を替えるべく情報収集に明け暮れていた
我が家の表についての評価を知る為に・・
自ずと量をこなす生産体制評価が善いはずは、ない
私は、その事を熟知していたのである
自ずとこれから我が家を改革すべく目指すビジョンも見えていたのだ
時代の流れの変化を感じていたのである

ある時今後の事・自分の考え・表の評価色々な事を父に話してみたが一代を築いた自信ある父は、その事を受け入れようとはしなかった
これまでの自信そして、一途な考えが仇に為っていたようだ
今の時代のニーズを感じ考えを変化させる柔軟な妥協する心がなかったのである

私は、鏡の前に立つ気持ちで父を見たそして、思った
これまでの功績に縋り付く自信だけでは、取り残される
これからは、その時のニーズを感じながら自分を妥協させ変化させていかないとダメだと
父の振りを見て自分の中に潜在的に存在するDNAを感じ父に似た自分を改めた出来事だった

父は、純粋である
だから強い
だが純粋なものには、決定的な欠点が有る

一途なこと故に応用が利かないそして、自分の考えに対して崩れた時今までの様に自信に満ち溢れていた行動言動が出来なくなり弱虫に為る
今まで自分が全てであった為に免疫性がないのだ
私は、そう為った時の父の姿も知っている
それを思えば程よい純粋さが一番かなと思う

父親は、自分に一番近い君子であり私は、その分身である
親の欠点を自分に戒め問いただしてみるのも己を向上させる意味で大事な事だと思う
あなたも親の振り見て自分の振りに問いかざして見ては、如何かなぁ!?




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

三日坊主で人を動かす

三日坊主と聞いて皆さんどういう印象をもたれるであろうか!
一般的に継続心が無くすぐ飽きてしまう等良い印象は、無いであろう
しかし、リーダーまた経営者には、この心が無いといけない

物事は、考えようだ
ネガティブではなくポジティブに考えてみよう
経営者やリーダー的存在に必要なのは、引っ張っていく力と行動力である
勿論経営者としての素質も無いといけないが一番必要なのは、第一歩を踏み出す行動力である
責任者的な人物が先頭を切って行動に移すすると連鎖反応的に周りもそれに釣られ自然と同じことをし始める
もしそれが嫌な事であっても社長が行動し始めたなら従業員は、それに従わないといけない状態に為る
何事も先駆者は、必要なのである

私が言いたい事は、人を引っ張っていくためには、まず行動に移しその志を皆に知らせることが必要だと言う事だ
やがてその志は、3日もすれば皆に伝わりチームそして、家族全体がその方向性で動き出すこう為ったら経営者としては、占めたものである

後は皆を指導し目標を定めてやるだけ
実に合理的な遣り方だ

我が家の父がそうだった
掴みだけ闘志を燃やして行動し気合を見せるその後家族がそれに伴い思う壺
分かっている事だがそうせざるを得ないと言う現状が経営者と労働者の間には、あるのだ
人を使うテクニックの一つかなぁ!
そういう意味でも経営者そして、リーダーには、三日坊主の心が大事なのだ

父の行動を見て悟った事の一つである




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

日常は、選択肢

私達の日常は、選択の毎日である
あなたが私のBlogに訪問されたのもその選択の一つだと思うが・・

私が高知識人と認めたITスペシャリストが語る芸術(Blog)のkayさんは、人間の行動全ては、宇宙人によってプログラされて要ると語ったが私は、そう思いたくない
仮にそうであっても信じたくないのが心情だ
人間は、意識を持って行動している
動物の中でも唯一感情のある生き物だと思うからである

毎日当たり前のように過ごしている生活だが人間は、その時その瞬間を無意識の間に絶えず行動を選択している
まさに日常は、選択肢である
仮に判断を誤ったとしても後戻り出来る範囲で次の選択の時に修正すれば物事は、良い方向へと進むだろう

我が家の父も人生を随時選択してきた一人だ
近所に今では、畳問屋に為っているがその社長さんから事業投資の誘いが合ったそうだ
それは、一時期時代の流れを感じて群がった中国への進出だ(35年前)
これからの時代畳の産地が日本から中国へと変わるという先見からの取組だったと思う
実際、中国産畳表は、今日本の70〜80%の視野を占める様に為ったのだがその様に為るまでには、数多くの失敗例があったのも事実だ(事業)

話を戻すが父が選択を迫られた事業投資だが・・・
今私が農業をしている事からお分かりのように断ったそうだ
父は、無謀な夢を追いかけるのではなく現実を重視したのである
現状でも十分やって行けると選択したのだ
その結果今の我が家が有る
そういう意味では、正しい選択だったのかもしれない
仮にもう一つの道を選んでいたとすれば私は、農業もしていなかったと思うしこの様にBlogで語ることも無かっただろう
中国人と結婚しバカ息子でマージャン三昧だったかも・・^^;

人生とは、選択の毎日である
その時・その瞬間そして、今
たまには、こういう事を意識して日常生活を送ってみると案外その楽しさに気づくと思う
結果がどうであれ自分の道は、自分で選択し悔いの無いように生きたいものである




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

チャレンジ精神

10年一昔と言うが15年前画期的な設備投資をした

その頃の父は、まだ現役バリバリ
時代のニーズに合わせて我が家の作業内容に変化をもたらしたのである
紹介がちょっと大げさに為ってしまったが説明しよう

この頃時代のニーズとして『イグサ一発染』が流行していた
そういう事も有り父は、これから先のイグサ刈り作業省力化を思い『一発染』を取り入れたのである
それまでは、イグサ刈の時に行う泥染め作業回転式の泥染機にイグサの束を一把一把手で入れて染めていた
専門用語で言う『手染め』である

ただ取り入れたのなら別に普通の事であるがその着手内容が普通ではない
専門の業者には、頼まず父の付き合いの方々に協力してもらい自分で作ったのである
まさに手作り!

イグサを染める水槽を作るに当たりまず穴を掘らなくてはいけないが勿論手で掘っていたのでは、埒(らち)が明かない
そこで協力を依頼したのが解体屋を営んでいる父の同級生だ
快く協力してもらいユンボ(重機)で水槽の枠を入れる大きさに掘ってもらった
掘る際に発見したのだが我が家周辺の地層は、2m重粘土しかし、その下は砂の層があり水が湧いてくるのだ

実は、ココラ周辺も大昔の干拓地
砂の層は、その名残だと思う
一晩中湧き水を汲み上げ穴が崩れないように心配した事今でも覚えている

穴を掘ったら次は、生コンを入れるための枠入れだが・・
こちらは、父の義理の弟に依頼
大工さんなのだ!

枠を入れるに当たり勿論図面が必要だがこちらは、私が担当
実は、私この様な作業好きでありまして^^;

川西式の一発染水槽を参考に若干改良を加え内枠の縦横高さを決め図面引き鉄筋の配置位置から本数そして、曲げまで自分で考え準備
一発染水槽でコンクリートセパ200mmを使ったのは、私が初めてだったと思う
現在は、200mm当たり前に為っているがその頃は、150mmが一般的だったからだ

川西式を参考にしたのは、将来システム乾燥を取り入れるかもしれないという父親の考慮からだったが現状からいえば先見の明である
現在は、システム乾燥に為っている

枠が出来たら次は、生コン打ちだがここでも父の付き合いの広さが功を奏した
左官経験がある人と付き合いが有ったのだ
生コンもその人の顔もありB価格で購入出来生コン打ち全般に協力してもらった
本当にありがたい事である
こうして出来上がったのが現在も使用している泥染水槽である

専門に依頼すれば済む事なのだが自分で作ろうと思う父のガッツに感心し小屋を自分で建てた祖父の血を受け継いでいる事実をその時私は、実感したのである

私もその血を受け継いでいる
そういう意味でもチャレンジ精神大事にして行きたいと思う




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

一子相伝(入札)

父は、自信に満ち溢れていた
物事をやり遂げてきた実績がそうさせていたのだと思う

イグサの購入は、農家に出向いただけに止まらなかった
時代の流れを読み取りイグサ入札権を取得し経済連からも選別イグサを購入していたのだ

業者番号は、124番

いつしか私は、父と共に経済連に出向き入札の仕方や仕組み等を学ように為った
そして、出展されている選別イグサを購入する責任を任されたのである

イグサ農家も多かった時代
その頃の出品点数は、100点を超えており二つの倉庫を利用していた
おのずと見て回るだけでも1時間はかかった様に思う
一つ一つ見て回りそのつど相場価格と照らし合わせながらチックそして、購入価格を決めて行く
優・良・秀と言った具合に・・

瞬間の感で判断し欲しい商品には、再度見直すために二重丸を付けていく
自分で言うのもなんだが物を見る目に関して私センスが有ったらしい
父が私に商品の検証を尋ねるようになったのだ
そして、いつの間にか自信を持って物の良し悪しを判断出来る様になり価格を決断するまでに為っていた

今思うのだが父は、私を育てていた様な気がする
自分が生きてきた道のり(イ業界)を教えその知恵を受け継ぎイグサ入札会会員として恥じない様に入札が出来る様になる為に・・

父曰く・・
『間違わなければ落ちない』である

知恵と知恵の絡み合う商人同士の腹の探り合いの中、見定める困難な判断
まさに入札の難しさを語った言葉だと思う

自分の意志で価格を決め入札する
今でも覚えているが開票の時は、ドキドキだ
買う気で入札する時は、2〜3点落札したいと思うなら5〜6点は、入札する
全て落ちたらどうしよう!?とか二番札との差は、どれ位だろう!?と色々考えるのである
出来るだけ安い価格で落札したいのがの本心だからだ

札を入れる前から心理合戦は、既に始まっている
商人と商人の騙し合い知恵比べである

例えば・・
今日落としたい商品が有るとする
価格をいくら付けて良いものだろう!?と他の業者さんに相談してみる
勿論快く答えてくれるのが商人
だがその商品がその人の欲しい物と被ってたとすればどうだろう
必ず自分が入れる価格より安く答え加えてその商品の悪い所を主張するのだ
自ずと自分も不安になり強気では、行けない(価格)
結果落札出来ず仕舞いである
この様な事は、良くあることだった

私は、入札を通じ商人の腹黒さ・欲深さを学んだのである

今は、我が家で栽培したイグサで十分足りるため入札にも行かなくなったがその経験は、貴重な体験として今でも覚えている
その様な機会を与えてくれた父には、本当に感謝している

そして、また一つ志を受け継いだ・・・




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

一子相伝(商い)

父は、商い心があり欲深く儲け話に目が無い人
『打てば儲かる』を信条にひたすら畳の加工に当たった

以前の我が家は、イグサ刈り後年内は、購入したイグサを加工し年が明けてから我が家で栽培したイグサを加工するというパターンだった
その頃の我が家のイグサ作付面積は、170a位で購入するイグサと合わせると約400a分のイグサを畳に加工してたと思う
今では、信じがたい事である^^;

イグサの仕入れに出向く事もしばしば
父と二人で原料のイグサを原草販売される農家に出向き交渉
話が成立すれば即購入そして、運搬する
その様な事が日常茶飯事だった
購入したイグサは、速選別そして、加工
短期勝負で近所では、工場とも言われていた
そうやって父と共に行動し私は、商いを自然に学んだ

仕入れに当たり原料のイグサに価格を決めるがこちらから先に価格を言わないのが商売の結束
相手の出方を伺うのだ
先に希望価格を聞くのである
父は、同業者の付き合いが多く相場価格を知っているため勿論一枚上手である
そして、農家希望価格と相場価格を照らし合わせながら交渉
相場価格より絶対高く買わない!それが基本だ

時には、価格に無知な農家も有り良好なイグサなのに低価格を掲示される事もある
そういう時は、チャンスだ
まさに目玉商品
気分が変わらないうちに即現金を支払い交渉成立
(イグサの買い付けは、現金が当たり前)

私は、もっぱら財布持ちで初めて100万円を手に取って見たのもその頃だ
確か十代後半だったと思う
さすがに感動しましたよ^^;

イグサの商いは、交渉術も大事だがそれ同様大事な事があるそれは、即座に物(原草イグサ)の良し悪しを見抜く目を持つことだ
それには、勿論経験が必要だが父は、現場を通してそれを教えてくれたのである
そのころの私の仕事は、もっぱらイグサの選別作業
一日に60把以上はこなす日々であり当たり前の事だった
そういう事も重なり物の良し悪しを識別出来る様に為るまでには、そう苦労も時間も掛からなかったのである

『交渉術そして、物を見抜く目』
これが父から受け継いだ最初の志あった


商いとは、知恵比べである
売る側と買う側の・・

時には、見本だけ素晴らしい原草イグサを用意し高く買ってもらおうとする知恵頃の農家もあったがそこを見抜くのが仕事だ
損は、絶対してはいけない事が結束
買い付けを続けているとイグサを保管している倉庫の状況や作業内容で大体農家の真面目さが分かる様に為った
その様な貴重な経験させてくれた父には、感謝している

その頃の良いイグサの第一条件は、長い事そして、当たり前のことだが先枯れの少ない事だ
大量生産の時代4.0尺以上をどれだけ打つ(加工)かが見極めの基本となる
今の様に『品質が良い』とか『縁下がいい畳が出来る』と言う事にあまり拘っていなかった様に思う
単純に硬いか軟いかの区別だけ
そんなに拘らなくてもある程度の原料でも安定した価格で売れる時代だったからだと思う
品質に拘らなくても良かった理由を別の見解をすればその様な事を心配しなくても良かったのかもしれない
今と比べて田んぼも地力があり自ずとイグサの品質も自然と良かったのかも・・

父曰く・・
『農家ではなく商売人に為りたかった』である

私は、イグサの買い付けを通じ父の志の一つ商いを受け継いだ・・




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

先見の明

父が我が家の経営者となったのは、昭和40年代
祖父が60歳の還暦を迎えてからだ
高度成長期の影響もあり景気も上向きイグサが青いダイヤと言われていたのもその頃だ
所狭しとイグサが作付けされており辺り一面緑のジュウタン
そして、熊本県が畳表生産量で岡山を抜き日本一の産地と為ったのもその頃だと思う
まさにイグサ農家の好景気そして、イグサ業界に風が吹き始めていたのである

私の父もその風を感じていた一人だった
『打てば(製織)儲かる』と言う風を・・

祖父もイグサを買い付け製織していたが父は、それに輪をかけてその事に取り組んだ
原料のいぐさを購入そして、栽培
朝早くから夜遅くまで御座打ち(畳の製織)
私は、幼いながらにもその様子を覚えている

今では、考えられないが一日に一台の織機から30枚織る
今のように重量規格も無く検査は、検査員の見た目
畳の品質もそこそこで見える所だけ仕上げるといった感じ
まさに大量生産単純に打てば打つほど売れる時代だったのである

現在のイグサ専業者(イグサを購入し織る専門業者)が一代で家屋敷を構え財を成したのもこの風を利用したからだ
今では、考えられないが原草イグサ10貫(37.5kg)が2万円もしていた時代
イグサを購入して製織しても儲かる仲買として販売しても儲かる
まさに青いダイヤ(イグサ)に肖ったのである

私が父を尊敬する所がある
普通に農家をしていても善い生活が出来るイグサ農家裕福の時代にその風を感じ行動に移しそして、結果を出した事だ
勿論重労働と言うリスクは、あったもののやり遂げた実績である
その風に乗って・・

その頃の儲け話を良く聞かされた事今でも強く記憶として残っている
そういう意味では、父には、『先見の明』が有った事誇りに思い今の我が家が有るのは、その恩恵だと言う事を感じている
口調が荒く自分の意志を突き通す嫌いな父だったがその様な実績自信が有ったからこそ自分に自信が有り曲がらない突き通す話が出来のだと思う

私には、まだ実績は無い
しかし、今『安心安全な物が好まれる』と言う風が吹いている
この風に乗り私も父の様に思い出を子ども達に語れるように為りたいものである




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!

父との関係

私は、父が『嫌いだ』と言うか『嫌いだった』と言った方が正しいかもしれない

厳格な父親おのずと冗談も言える仲でもなく甘えた事も無い
気づいた時には、父と私には二人にしか分からない境界線が出来ていた

絶対の存在であり反発なんてもっての外
私に言わせれば自分に甘く他人に厳しい人
常に自分の行動言動は、正しく揺らぐ事がなかった

小さい頃の思いで父とは、善い事が無い
言葉も荒く私の意見を素直に受け止めえくれず講釈されっぱなしそして、いつの間にか父を避けるようになった

人付き合いと酒が好きな父親酔っぱらって帰ってくるのも日常良くある事だった
帰りの足跡が聞こえるなり速部屋へ撤収顔を合わせないようにしていた
なぜなら家路について必ずグダを吐くそして、何かしら怒られるのだ
それが嫌で自然とそういう習慣が付いてしまったのである

夜中に突然起こされ行き成りビンタ(張り手)
子供心に何が何だか意味が分からない
そういう事の積み重ねが有り父の目を気にし機嫌を窺(うか)がう様な習慣が身についてしまったのである

思春期に入り親子関係は、ますます離れていきいつの日か父親を頼らないように為っていた
卒業後私は、我が家を継いだが不満だらけ農繁期には、毎年喧嘩
時には、取っ組み合いに為り激しい時もあった

母の口癖が『今年は、喧嘩しないでね』そして、『腹が立つと思うが我慢しなさい』だったが、我慢にも限界がある喧嘩し母親が間に入る状況も多々有った様に思う
お互い男と男引くに引かない
そういう意味では、私も頑固だったと思う

毎日の習慣とは、凄いものである
父の目そして、機嫌を窺(うか)がいながら育った成果人と話をしていて相手の機嫌や思いが分かるようになっていた
私は、目を見て語るそうすると見えてくるのだ・・
特殊な能力かは、分からないがそういう意味では、父に感謝している
加えて父を頼らない事により独立心が強くなった
自分の欲しいものは、自分で稼いで買うと言った事だ

人間とは、良く出来ていると思う
悪い状況に要れば要るほどその状況を打破しようと心掛けそして、それが能力として身に付く
まさに人生の勉強だ!
そういう意味では、厳格だった父に感謝している
現在父は、62歳だが持病の糖尿病が悪化加えて脳の血管が切れ倒れまでは、しなかったが記憶能力が低下しアルツハイマーの症状も出ている加えて歩行も思うように行かない

最近、父親に対し虚しさを感じる時がある
勢いも無く強いオーラも感じない以前の父親とは、別人だ
私にとって父親は、目上の存在であり厳格な人そして、ライバルだったが今は、その面影も無い
きっとその事に淋しさを感じているのだと思う
気づかないうちに嫌いと言う感情から昔は嫌いだったという思い出に変化した事に最近気づいたのである

『志を受け継ぐ』は、まだまだつづく




by  ヒデピョ〜ン。。

本日のご訪問誠に有難うございます
思いを心で語るヒデピョ〜ン。。がお贈りするグローバルな世界
良ければお帰りの際に下のWのタグをポイポイット クリックして頂けると嬉しいです^^;

リンクタグFC2−タグ
『畳表のやすらぐ力、そこから生まれる和の心を感じてもらいたい』
国産畳表PRの為、ご協力お願いします!
御挨拶
welcomeタグ

(^^)訪問者の皆様へ

心やすらぐ和の空間
我が家
わが国の代表的な建築様式に和風建築があります。
伝統文化そして、匠の技がなせる日本風土に合った素晴らしい建物です。
その中に和室があります。
昔から日本人は、畳の上で喜び怒り哀しみ楽しみながら生活してきました。つまり畳と共に生きてきたわけです。
この様に、畳のある空間の成せるやすらぐ心
これがBlogのタイトル『やすらぐ和の心』の意味するところであります!
ヒデピョ〜ン。。便り
(^^)閲覧の皆様へ

2月に入り、ようやく冬の氷河期から抜け出しそうな天候になりそうです
それにしても今年の1月は寒かったぁ~
(><)

イグサも冬眠状態が続いています
そろそろ目覚めさせないとスタートに間に合わないかも・・

昨年の反省を踏まえて、管理に情熱!情熱!!注ぎます

勝負は既に始まっております
^^
Back Number
Recent Comments
我が家の土づくり
コンバイン


    詳しくは、こちら
熊本県知事認定
緑肥作物
転作ミレット

     転作ミレット
イグサの選別
イグサの選別

    イグサ選別作業
我が家の畳表
クラブチーム紹介
エスペランサタグ

エスペランサ熊本
長男が所属していたサッカークラブチームです!
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
応援お願いします!
(^∀^) いらっしゃいませぇ〜

ヒデピョ〜ン。。WORLDへ

熊本イグサ産地のを全国ネットに公表する為、日々頑張っております!

私の今後の取組として・・・
環境・安心・安全 

地草構想
我が家のパンフレット
我が家のイグサそして畳表

パンフレットも現在12枚のバリエーションとなっております!
(2010/02/02)
ご希望の方は、メールにてお気軽にご一報下さい^^
       
入り口
ヒデピョ〜ンRoom
 メール


お気軽にお問い合わせ下さい!

(^^)/~ 
人気Blogランキング
人気投票です!
ご協力御願いします

blogタグ(大)

FC2−タグ

日記タグ

にほんブログ村 美術ブログへ

無料ですのでご安心下さい(^^)/
我が家の取引問屋紹介
産地の王道
肥後物産株式会社

人情味のある真心こもった肥後畳表卸問
備後畳表企業組合 熊本支店

イチジョウマン・tatami-shop.net
株式会社 永瀬商店

国産表・四川表・柄表他 グローバルな品揃い
有限会社 森田喜商店

JAブランド ひのさらさ・ひのさくら・ひのさやか
JAやつしろ

品質と信頼 国産表一筋
廣野商店

畳は床材とのコラボレーション
『わら美人』
岡部商事 株式会社 

老舗の志を受け継ぐ
TNコーポレーション
イグサ新品種
ひのはるか親子   
   興味のある方は、こちらへ
   『新品種ひのはるか
市場・経済・株式
経済を知ることは、世界を知ることから始まる!

NIKKEI NET
(日経ネット)

Fuji Hutures MARKET NEWS
(商品先物)

日経平均株価

イグサ畑苗
我が家のイグサ刈り
我が家の居候
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ